一般社団法人山口県中小企業経営者協会(中経協)は、山口県の中小企業の振興を通じ地域経済の活性化・発展に貢献します。

新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドラインの遵守について

現在、首都圏や関西圏を中心に、再び新型コロナウイルス感染症の新規感染者の増加がみられ、高い緊張感をもって警戒すべき状況となっています。
全国的に感染者が多く生じている「バーやクラブ等の接待を伴う飲食店」及び「その他酒類の提供を伴う飲食店」に対して、県よりあらためてガイドラインの周知と遵守の要請がありましたので、ご連絡いたします。

>> 外食業の事業継続のためのガイドライン
>> 社交飲食業における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン

次の点にご留意ください。
○「外食業ガイドライン」における次の事項については、店舗面積にかかわらず適用されるものであること
・「テーブルは、飛沫感染予防のためにパーティションで区切るか、できるだけ2m(最低1m)以上の間隔を空けて横並びで座れるように配置を工夫し、カウンター席は密着しないように適度なスペースを空ける。」
・「真正面の配置を避けるか、またはテーブル上に区切りのパーティション(アクリル板等)を設けるなど工夫する。」
・「個室を使用する場合は、十分な換気を行う。」

○「社交飲食業ガイドライン」における次の事項については、店舗面積にかかわらず適用されるものであること
・「テーブルは飛沫感染予防のためにパーティションで区切るか、できるだけ2m(最低1m)以上の間隔を空けて横並びで座れるように配置を工夫し、カウンター席は密着しないように適度なスペース(できるだけ2mを目安に(最低1m)確保するよう努める)を空けるまたはパーティションで区切るなど工夫する。」
・「真正面の配置を避けるか、またはテーブル上にできるだけ区切りのパーティション(アクリル板等)を設けるなど工夫する。」
・「個室を利用する場合は、十分な換気を行う。」

※ガイドラインの遵守を行うにあたり、持続化補助金の支援があります。
こちらをご覧ください。

MENU
PAGE TOP