一般社団法人山口県中小企業経営者協会(中経協)は、山口県の中小企業の振興を通じ地域経済の活性化・発展に貢献します。

新型コロナウイルス感染症及び季節性インフルエンザに係る医療機関・保健所からの証明書等の取得に対する配慮について

今冬は、新型コロナウイルス感染症と季節性インフルエンザの同時流行が懸念されており、発熱外来のひっ迫等を回避するため、国から次のとおり、従業員又は児童等に医療機関・保健所からの証明書等を求めないことについて、周知が行われています。
本趣旨をご理解いただき、ご配慮・ご協力をお願いします。

周知内容

  1. 新型コロナウイルスについて
    〇従業員又は児童等(以下、「従業員等」という。)が新型コロナウイルス感染症に感染し、自宅等で療養を開始する際、当該従業員等から、医療機関や保健所が発行する検査の結果を証明する書類や診断書を求めないこと。
    やむを得ず証明を求める必要がある場合であっても、真に必要のない限り、医療機関や保健所が発行する書類ではなく、従業員等が自ら撮影した検査の結果を示す画像等により、確認を行うこと。

    〇従業員等が新型コロナウイルス感染症に感染し、療養期間(※)が経過した後に、改めて検査を受ける必要はないこととされていることを踏まえ、当該従業員等が職場や学校等に復帰する場合には 、医療機関や保健所が発行する 検査陰性の証明書や治癒証明書等の提出を求めないこと。
    ただし、当該従業員等が抗原定性検査キットによる検査により療養期間を短縮する場合に、その検査結果を画像等で確認することは差し支えない。

    ※ 新型コロナウイルス感染症については、有症状の場合は 発症日から7日間、無症状の場合は検体採取日から7日間(5日目の検査キットによる検査で陰性を確認した場合には、5日間) 。

    ※ 有症状の場合は10日間、無症状の場合は7日間、感染リスクが残存することから自主的な感染予防行動を徹底する。

    〇従業員等が保健所から新型コロナウイルス感染症の患者の濃厚接触者と認定され、待機期間が経過した後に、職場又は学校等に復帰する場合には、検査陰性の証明書等提出を求めないこと。
    ただし、当該従業員等が抗原定性検査キットによる検査により待機期間を短縮する場合に、その検査結果を画像等で確認することは差し支えない。

    〇従業員等以外の者(顧客や来訪者などを想定)に対して、新型コロナウイルス感 染症の染の有無を確認する必要がある場合には、可能な限り、抗原定性検査キットにより自ら検査した結果等で確認を求めることとし、真に必要のない限り、医療機関や保健所から発行された療養証明書(紙)の提出を求めないこと。

  2. 季節性インフルエンザについて
    〇従業員等が 季節性インフルエザ に感染し、自宅等で療養を開始する際、当該従業員等から、医療機関 が発行する検査の結果を証明する書類や診断書を求めないこと。

    〇従業員等が 季節性インフルエンザ季節性インフルエンザ に感染し、当該従業員等が職場や学校等に復帰する場合には、 医療機関 が発行する 検査陰 性の証明書や治癒証明書等の提出を求めないこと。

>> 新型コロナウイルス感染症に関する知事メッセージはこちら

MENU
PAGE TOP