一般社団法人山口県中小企業経営者協会(中経協)は、山口県の中小企業の振興を通じ地域経済の活性化・発展に貢献します。

挨拶

代表理事会長荻野

協会の生い立ち

我が中小企業経営者協会は1990年下関で産声を上げて以来、29年に及ぶ歴史を刻んでまいりました。そして来年は大きな節目であります30周年を迎えようとしております。
その間、私たち中小企業の経営者は全県規模で交流・連携し、中小企業の抱える様々な問題の解決あるいは地域への貢献を目指して活動をしております。
既存の経済団体とは違った、従来の常識の枠を超えた自由闊達な発想と活動を旨とした異業種交流団体でございます。
明治150年を迎えようとする今こそ、明治維新を成し遂げた先人たちの偉業を見つめ直し、「明治維新胎動の地」として、未知の時代を我が中経協から切り拓き、発進してまいりましょう。

歴史

2016年5月に一般社団法人山口県中小企業経営者協会として再編成を致しました。これに伴い下関、県南、県央、周南、県北の旧5支部は地域中経協とし各々の地域に密着した活動が期待できるようになりました。

活動

企業経営力向上の為の研修会・講演会は総会、地域総会、月例会等のあらゆる機会に開催しております。又、全県規模の「やまぐち元気フォーラム」は会員以外にも門戸を開放して、我々の活動を理解してもらう機会にもしております。この研修会・交流会は会員の相互理解に最も寄与するものでもあります。地域貢献活動としては下関中経協の定例講演会や県南中経協のカウントダウン、県央中経協の出逢いの広場のほかチャリティー音楽会等多彩な行事を行っております。

今後の方向

組織、活動を充実する為に一層の会員増強を図り、加えて異業種間のビジネス機会を高める活動に注力いたします。どうか本会の趣旨をご理解戴き、多くの方が中経協に参加されるようご案内申し上げます。

一般社団法人山口県中小企業経営者協会
会長 荻野 利浩

MENU
PAGE TOP