一般社団法人山口県中小企業経営者協会(中経協)は、山口県の中小企業の振興を通じ地域経済の活性化・発展に貢献します。

令和元年度 事業方針

事業方針

来年度の中経協創設30周年に向け、県内で存在のある経済団体としての地位を確立するために、会員企業の経営力向上のみならず、地域社会の発展に貢献できる活動を行います。
中経協の基本理念「共に創る」「共に生かす」「共に育む」の実現のため一層の会員拡大に努めます。

事業計画

1.一般社団法人格を持つ、地域の社会・経済団体に相応しい社会的信用と氏名に基づき、地域社会や会員企業に認知され貢献できる活動を行います。

2.組織力向上のために一層の会員拡大に努めます。
創立30周年400社達成の基盤づくりとして本年度は目標会員数370社以上を目指します。特に若手、女性会員の増強に力を入れていきます。

地域中経協 30年度末会員数 元年度会員目標
下関 79 90
県南 89 100
県央 100 120
周南 65 75
県北 29 30
362 415

3
3.県東部地域(岩柳地区)中経協の設立に引き続き努力します。

4.地域中経協間の情報共有と連携をさらに拡充します。
地域中経協間での共同開催事業や交流事業を通じて、情報の共有を図ります。また、県や国からの情報を本部・地域中経協事務局を通じ、広く会員の皆様に周知するよう努力します。

5.IT化の推進
現代において、IT化の遅れは企業の競争力低下につながるため、IT化推進は中小企業にとっても避けて通れない課題です。当協会の運営にもITを活用し、運営の効率化を図り、ホームページやSNSを活用し情報やコミュニケーションの円滑化を図ります。

6.30周年に向けて
引き続き、中経協創立30周年に向けて、30周年委員会を中心に、30周年記念事業や広報ツールの見直しなどの活動を進めていきます。

MENU
PAGE TOP