一般社団法人山口県中小企業経営者協会(中経協)は、山口県の中小企業の振興を通じ地域経済の活性化・発展に貢献します。

令和2年度 事業方針

事業方針

新型コロナウイルスが引き起こした、もはや世界中の国々が精神的にも、経済的にも相当なダメージを被っています。こうした危機的状況の中、中経協会員間のネットワークを活かし、金融機関との連携をし、刻々と変化する情報に対応して、見えないウイルスとの苦しい戦いに頑張って勝利しましょう。

事業計画

1.創立30周年記念事業及び式典の挙行
本年度、山口県中小企業経営者協会は設立30周年を迎えます。
その記念事業として「我々中小企業の基盤である地域に貢献」「地域の宝である子供たちが安心・安全に生活できる環境作り」のために、「交通安全標識(飛び出し注意人形)」を寄贈することを昨年度決定いたしました。
本年度は、山口県中小企業経営者協会の名称を付した交通安全標識を作製し、30周年委員を中心に県下で希望する市町村に寄贈いたします。
また、中経協のマークの徽章を作製し、30周年記念品として全会員の寄贈します。
秋には下関で30周年記念式典を挙行いたします。

2.組織力向上のために一層の会員拡大に努めます。
本年度の会員増強目標は415名です。

地域中経協 元年度末会員数 2年度会員目標
下関 80 90
県南 89 100
県央 104 120
周南 65 75
県北 29 30
367 415

3
3.県東部地域(岩柳地区)中経協の設立に向けて引き続き活動いたします。

4.情報共有・会員相互の交流により会員企業のビジネスに貢献します。
各事業への会員の参加を促し、交流を通じて問題解決、ビジネスチャンスの創出の機会を増やします。また、国や自治体などからの情報の伝達、地域中経協間での連携など様々な情報の提供を図ります。

MENU
PAGE TOP